洪水「ディリューヴィアルメア」

もうどうにでもなぁれ

単属性統一杯 備忘録

昨日開催された演舞の自主大会に参加した事についての備忘録です。

反省会でも振り返りでもない珍しいパターン。

日付が既に変わってる?気のせいですよ。

 

大会のルールは至ってシンプル、単属性人形のみを使用してパーティを組むだけ。

単属性って複合属性の恩恵を得られない分別ベクトルの強さを持っているケースが多いので、予想以上に環境対策に苦戦するハメに。

符術王の時と比べると…どうだったっけ…?

 

 


取り敢えずSとじこが無茶苦茶使いたかったのでそこを念頭に置くことに。

 

そして対策を羅列して精査して、最終的に出来上がったパーティがこちら。

f:id:diluvialmere:20190126203049p:plain

Sとじこが入ってないやん!?使いたかったからパーティ組んだの!?
僕がさっき…抜いちゃいました(小声)

 

とは言えどもこういう事態はポケモンでも多発した経験があったので仕方なし。

しかもそうやって出来たパーティは強い事が多いから多分大丈夫ですようん。

 

流石に決勝戦進んだらどれか1体をSとじこに変えるぞ、なんて意気込んでたりもしてました。

 

 


個別紹介

f:id:diluvialmere:20190126203226p:plain

Pてゐ@藁人形 兵法者

碧AS64D2

145-162-85-×-101-183

スニーキング/ダークアロー/飛礫の流弾/チェンジリング

 

準決勝で選出。

役割としては無属性に後出しから実質タイプ一致で弱点を付く事を重視。

あとはSもみじとDかぐやの対策に入れました。

 

無単属性ってタイプの恩恵がゼロに等しい代わりに中々に対策が面倒なんですよね。

Dことひめ・Dこすずみたいな気分屋勢がバリオプ張ってくるわ、Dりんのすけ・Pレイセン・Pヘカーティアがバ火力で無双してくるわ、Aてゐがデストラ怯みゲーをしてくるわ、Eじゅんこが極光下吸光で暴れてくるわ…

そんな中、幻属性で一致技を無効化しつつ兵法者ダークアローで役割を持てるPてゐは結構強いと踏んでみたり。

 

因みに飛礫はSもみじへの役割を持つ為の採用です。

一応対策必須枠として据えてはいたのですが誰も使ってなかった説ありますね…。

 

そしてタイプ一致技が一番雑ってなんなのさ。

 


f:id:diluvialmere:20190126203621p:plain
Dゆゆこ@治癒の符 因果応報

蒼HB64C2

222-×-178-131-95-65

エナジーアブソーブ/干魃/ドレインシード/止まり木

 

1戦目・2戦目・準決勝で選出。

役割としては主に集弾アタッカーを食い止める要員。

 

闘耐性持ちを既にPてゐに割いてしまったので冥属性の集弾受けが居ないかなーとか言ってたら居ました。

一応闘耐性のあるSあやとどちらにするか考えたのですが、対策され易さ・干魃の有無からこちらに。

なお直接対面した場合はアップビートのある向こうに軍配が上がる模様。

 

技に関しては真性の陰キャみたいな感じ。

そういう言い方で伝わるから演舞勢って怖いわ。

 

弱点付いてくる集弾アタッカーなんてDルーミアとPせきばんきしか居ないとか高をくくっていたら準決勝で当たりました。

ってのになんで選出したんだお前さん。

 

 

f:id:diluvialmere:20190126203755p:plain
Eすみれこ@拘りベルト 結壊戦

碧CS64D2

155-×-100-172-101-145

ウルトラハイトーン/銀色の雨/土石の荒波/ダークネススイーツ

 

1戦目・2戦目で選出。

単属性相手だと大概の相手に弱点を付けるやべーやつ。

 

催眠対策枠の夢属性、という側面が強いです。

Eしんきとどちらにするか悩んだのですが、気分屋投影とかいうクソゲーをしたくなかったのでこちらに。

まぁSだいようせい・Pエレン・Eドレミーのどれとも当たりませんでしたが。

 

Sあや・Sとじこも相手できるようにしたかったのでベルトを持たせてみたのですが、
準決勝でSあやに当たった際に選出しないという大ポカをやらかしました。

ついでに使う予定だったSとじこはSあや対策にベルト巻いてたので、同じ事を考える方が居たならば為すすべもなくやられていたというオチ。

 

 

f:id:diluvialmere:20190126203905p:plain
Eこすず@妖怪絵巻-白- ビブロフィリア

H52D64S14

191-70-70-×-112-117

チェンジリング/酸涙/応急手当/アップビート

 

1戦目で選出。

役割としては散弾アタッカーを食い止める要員。

 

ここまでのメンツで受けきれないSもこう・Sやつはし・Pきょうこ・Pいく対策と言っても過言ではないです。

特にSやつはしは相当長い間使っているのでその脅威はよく知っていたり。ある意味過大評価。

この4体の為にわざわざ1枠割く必要があったかと言われれば口篭ってしまう。

そもそも受け人形が両方闇弱点ってどうなんでしょうね。

 

因みにS14振りの意味は分かってません。

H16n-1調整して余ったからとか言うなら普通にHに回した方が数値受けできますし…

まさか無振り95族抜き…?

 

まぁ95族の単属性ってPヘカーティアとPくるみだから有り得ないんですけど。

Pくるみの対策を若干放棄してる感が否めないのは…まぁ。

 

 

f:id:diluvialmere:20190126203952p:plain
Dルイズ@金の簪 特殊防壁

蒼BC64H2

151-×-123-152-110-105

スピニングエア/ウルトラハイトーン/疾風迅雷/震盪

 

選出せず。

役割としてはPせきばんき・Dひな対策。

この2体しか見てないのに準決勝で選出してないアホはこちらです。

 

Dひなとかいうハピネスダンスの暴力をどうやって突破するのか考えた結果落ち着いた人形。

風属性の散弾アタッカーとして見れそうな人形がコイツしか居ない環境って中々凄いですよね。

あとはまぁ…Dゆゆこで唯一見れないPせきばんきを数値受け出来るので…

 

カモフラージュ使ってくるのはAせきばんきの方だと言うのに選出画面で神速エアレイドが欲しいと嘆くくらいには演舞歴が短いです。だいたい3年ちょい。

 

 

f:id:diluvialmere:20190126204042p:plain
Eこいし@拘りリング 浸透戦術

紅HD64A2

237-166-90-×-122-65

ディストーションボム/ダンシングソード/シャークトレード/天光の舞

 

2戦目・3戦目で選出。

役割としてはバリオプを貫通して色んな奴を機能停止させたいとかそんなアレ。

 

あまりにも気分屋対策が軽い点、Aウドンゲの突破方法への自信の無さ、対策出来てないPくるみへのせめてもの反抗とか色々考えてたらちょうど良い人形がこんなとこに。

結果として一致技よりダンシングソードの方が活躍していた不具合。

 

多くを語れるほどではありませんが、浸透戦術シャークトレードはアホみたいに強いです。

補助型を機能停止させるなら確かにアップビートの方が優秀ですが、こっちは引いても残る点が良いですね。

そもそも浸透戦術自体がバリ強すぎる。なんだコレ。

リプライどうのこうので募集かけて使った時より間違いなく輝いてたのは確かですね。

 

天光の舞については何も知りません。多分Aルイズ+Pこいし対策。

寧ろAさとり・Dさとり対策に不可逆トリックを採用した方が良かったのではとか言ってる。

 

 


試合の振り返り

・1戦目 対大庭昌親さん(Pくるみ/Sやつはし/Pてんし/Sとじこ/Pマイ/Dだいようせい)

向こうの選出はSやつはし、Dだいようせい、Pてんし
こちらの選出はEこすず、Eすみれこ、Dゆゆこ
初戦からPくるみが見えたものの、Eこすずで数値受けしてやるという覚悟の元選出。
初手疾風迅雷はSやつはし使いの基本なのでチェンリンで返し、あとは有利対面を維持し続けて勝ち。
Sとじこにやられるなら悔いはないさ…とか言ってました。ドラゴンかお前は。


・2戦目 対ちいぱらっぱさん(Eこあくま/Eこいし/Eシンギョク)

見た瞬間にゲェーッ!って叫んでしまった。ごめんなさい。
向こうの選出はEこあくま、Eこいし、Eシンギョク
こちらの選出はEこいし、Eすみれこ、Dゆゆこ
初手で何が来ても安全なEこいしを選出、そのままEこあくまにリングを押し付ける好スタート。
しかしEシンギョク相手に舐めて掛かった結果、闇夜之型弾幕乱舞でDゆゆこが一撃で沈み、
Eすみれこのハイトーンを耐えられて残りEこいし1体に。
最後はEこいし対面でお相手さんが同速勝負を嫌ったか中乱数のスニーキングを撃ってきてくれたお陰で
そのまま耐えて返しのダンシングソードで勝ち。


・準決勝 対ぺったんさん(Dサラ/Pレティ/Sめいりん/Sせいが/Sあや/Pせきばんき)

Sとじこを外した結果SあやPレティの並びに遭遇してしまい対策できる相手もできない始末。
向こうの選出はSあや、Pレティ、Pせきばんき
こちらの選出はPてゐ、Dゆゆこ、Eこいし
Pてゐが不知火を2回も躱してくれたのですが、その運を活かしきれず。
Pせきばんきに対してダンシングソードと間違えてシャークトレードを撃ってしまったのが運の尽きでした。
動揺を隠しきれないとはまさにこの事ですね。ちくせう。

 

 


総括
Sとじこを抜いた結果ボッコボコにされて敗退したのでキャラ愛って大切ですよねという話。

前回は対策しても使わないって事が多かったのに対し、今回は対策したのに使い忘れるという悲惨な結果に。

いやまぁあの試合を勝っていたとしても決勝戦の相手はあのくいむみさんでしたからね…。

決勝に進んだのに悲惨な負け方をするよりはマシです。例えば第六回エンカウント杯とか。

 

しかしいつもの自分じゃ考えられないミスってのは本当に起こるものですよね…。

今年のセンター生物を受験生じゃないのに解いてみたのですが、まさかの進化系統の項でカンブリア紀オルドビス紀を間違えて満点を逃しました。

その結果として自省の為にその系統の図鑑を図書館で借りて生物模写を進めてます。

新生代のは面白味がないから書きたくない、そういう奴。

 

…ってか今回支援絵書いてないじゃん。

 

毎度の如く最後になっておりますが、対戦していただいた上記3人の方、大会を主催されたyumeさん及びくいむみさん、昨日はありがとうございました。

 

また対戦及び大会企画していただける機会がありましたらその時も宜しくお願いします。